インフォメーション|仙台市太白区八木山 須和部歯科医院

歯周病治療・審美歯科・インプラントの須和部歯科医院

インフォメーション


2013.07.03 診療所を移転いたします
8月2日より診療所を移転いたします。場所は、現在の診療所の真下の1階になります。(元家喜呉服店さんのお店のあったところです)階段の昇り下りが解消されますので、ご利用しやすくなると思います。車椅子でもそのまま中に入れ、トイレのスペースももその分広くとりました。通院中の患者様の治療は、そのまま継続となりますので、ご安心願います。どうぞ宜しくお願いいたします。
ページトップへ
2013.03.29 臨時休診のお知らせ
7月5日(金)の午後、7月6日(土)終日、7月13日(土)の午後は学会参加のため、臨時休診させて頂きます。花はロウバイです。花の少ない冬に庭を楽しませてくれました。
ページトップへ
2013.03.28 紅梅
同じ紅梅を、ちょっと違えて撮影しました。同じ花でも、まったく異なる世界ですね。
ページトップへ
2013.03.28 舌苔
舌苔と書いて、ゼッタイと読みます。歯の表面に歯垢が付着するように、舌の表面にもたくさんの細菌が住んでいます。これらの細菌は、口臭の原因になったり、誤嚥性肺炎を起こしたりします。歯を磨く時には、舌の表面も一緒に磨きましょう。普通の歯ブラシでも良いのですが、出来るなら専用の舌ブラシをお勧めします。当院では、舌の表面に住んでる細菌量の検査をして口腔清掃の指導を行っています。写真は紅梅です。季節は、春になりました。
ページトップへ
2013.03.20 透けた花弁(ゲンカイツツジ)
春、真っ先に咲くツツジです。透けた花弁が素敵です。
ページトップへ
2013.03.19 春到来(ハリイヌナズナ)
春になり、蕾もゆるんできました。ハリイヌナズナはマッチ箱のような小さな植物です。まるで、黄色い宝石のようです。
ページトップへ
2012.06.28 6月の花
アジサイの季節になりました。しっとりとした花が似合う季節です。
花菖蒲も美しいですね。
ページトップへ
2012.06.28 臨時休診のお知らせ
6月30日(土)は近未来オステオインプラント学会参加のため、臨時休診させて頂きます。
お急ぎの場合は、7月2日(月)にご来院願います。
ページトップへ
2012.06.10 デンタルショー
顎咬合学会では、発表のほかにデンタルショーも盛大に開催されます。
新製品などたくさん出ていて、おおいに触発されます。
ページトップへ
2012.06.10 顎咬合学会に参加しました
6月9日、10日の両日、東京フォーラムで顎咬合学会が開催されました。
多方面の知識や情報が習得でき、日本を代表する歯科の学会です。
毎年参加して、研鑽に努めています。
写真は、会場の東京フォーラムの中庭です。緑が美しいですね。
ページトップへ
2012.06.04 虫歯予防の日
6月4日は、虫歯予防の日です。歯ブラシを一生懸命やってお口の中をきれいにしましょう。お口の健康は全身の健康の源であることがどんどんわかってきました。定期的に歯科医院での清掃も受けて、一生自分の歯で美味しく食事しましょう。
(写真はクレマチスです)
ページトップへ
2012.06.04 カンムリキンバイ
4cm程度の小さな花ですが、濃い山吹色が遠くからも目立ちます。
ページトップへ
2012.06.04 臨時休診のお知らせ
6月9日(土)は日本顎咬合学会に参加のため、臨時休診させていただきます。お急ぎの場合は、6月11日(月)にご来院願います。
(写真は満開のエゴノキです)
ページトップへ
2012.04.15 カタクリが咲きました
山野草の一番バッターでしょうか。カタクリが咲きました。
ページトップへ
2012.04.15 ゲンカイツツジが咲きました
ツツジの中で最初に咲くツツジで、透けた花弁が素敵です。
ページトップへ
2012.04.15 よくあるご質問「口腔内を綺麗にすると、全身にも影響がありますか?」
お口の中には500〜600種類、約1兆個の細菌が住んでいます。これらの細菌は、虫歯や歯周病にとても深い関係がありますが、それだけではなく、全身の健康にも大きな影響を与えていることがわかってきました。
お口の中の細菌は、毛細血管から血液の中に侵入し、身体全体を汚染しています。
お口を清潔にすると、嚥下性肺炎が少なくなり、手術の後の治りが良くなり、身体の健康の度合いを高めることができます。
その結果、定期的に歯科医院でお口のクリーニングをしている方は、医科に要する医療費が安くて済むということがわかってきました。
毎日の丁寧なブラッシングと、定期的な歯科医院での専門的な清掃を続けて、全身の健康を保っていきましょう。
当院は、患者様の状況にあわせて、定期的にお口のチェックとクリーニングを行っています。
もちろん保険適用ですので、是非、お気軽にご利用ください。
ページトップへ
2012.04.06 サンシュユが咲きました
蕾だったサンシュユが開花しました。
誇らしげに輝いてます。
線香花火みたいで、面白い花ですね。
ページトップへ
2012.04.02 ウメが咲きました
ずっと待っていたウメが、ようやく咲いてくれました。
紅梅ですが、白梅ももうすぐ咲きそうです。
凛として、いいですね。
ページトップへ
2012.03.31 春の訪れ(フクジュソウ)
好天に誘われ、とうとう、フクジュソウが花開きました。
まさに、春の始まりです。
春のゴングが、鳴ったのです。
皆様にとって、今年こそ良い春となりますことを、ご祈念申し上げます。
ページトップへ
2012.03.29 患者様からのご質問(黒酢について)
「最近、体に良いと聞き、黒酢を毎日飲んでいますが、歯への影響はどうなんでしょうか?」というご質問がありました。
結論から申し上げますと、歯には良くない、ということになると思います。
黒酢に限らず、酸性の食べ物によって、歯の表面(エナメル質)がとけてしまうのです。
これを、酸蝕症と呼んでいます。
虫歯菌が関係していなくても、歯はとけてしまうんですね。
ただし、歯周病菌は酸性には弱いので、歯周病菌を弱める働きはあると思います。
ページトップへ
2012.03.20 サンシュユの蕾
お彼岸になりました。
今年は寒さが厳しくて、梅もなかなか咲きません。
ようやくサンシュユの蕾が膨らんできました。
いよいよ春ですね。
サンシュユは、独特の温かさ、説得力、品格を持っていて、春の喜びを我々に伝えてくれます。
ページトップへ
2012.01.30 1月の花
雪の日が続いています。風邪などひかれませぬよう、ご注意ください。
今は、1年で一番、庭の花が少ない時期です。
そんな中、孤軍奮闘しているのが、ロウバイです。
ほんの少し、匂います。
ページトップへ
2012.01.15 清潔安心な治療を心がけています
あけましておめでとうございます。
昨年は、3月の震災で、苦しく悲しい1年となりました。復興は、まだまだ時間がかかると思いますが、歯科医師として、社会のために何ができるのかを自問自答しながら、一歩一歩、歩んでいきたいと考えてます。
皆様にとりましても、今年、良い1年となりますように、ご祈念申し上げます。
社会全般に、「除菌」という言葉が頻繁に取り上げられていますが、当院では、歯周病菌の除菌、使用する器具の徹底した滅菌消毒(歯を削るタービンやバー類までその都度滅菌消毒しています)、ディスポ製品の使用などを心がけ、清潔安心な診療を目指しています。
歯周病菌に関しましては、歯肉の血管から歯周病菌が侵入し、心筋梗塞、糖尿病などをはじめ、いろいろと全身をむしばんでいることがわかってきました。ブラッシングと定期的な歯石や歯垢の除去を基本にして皆様の口腔の健康をケアしていますが、深い歯周病の場合は、必要に応じて、お薬による除菌や歯周外科手術も取り入れ、歯肉の健康を回復しています。(内科的歯周治療と外科的歯周治療のコラボレーション)
歯周病でお困りの方は、是非、当院に、お気軽にご相談下さい。
ページトップへ
2011.11.21 臨時休診のお知らせ
11月26日(土)と12月3日(土)は、研修会のため、臨時休診させていただきます
ページトップへ
2011.10.14 臨時休診のお知らせ
11月2日(水曜)は、12時から16時30分まで、臨時休診させていただきます。
11月26日(土曜)は、研修会出席のため、終日、臨時休診させていただきます。
ページトップへ
2011.07.16 臨時休診のお知らせ
医院改装工事のため、7月16日(土)午後と19日(火)午前は、臨時休診させていただきます。
暑い日が続いております。お身体,ご自愛なさってください。
ページトップへ
2011.06.10 臨時休診のお知らせ
雨っぽい6月になりました。梅雨と言えば、アジサイの季節です。鎌倉はこれからがアジサイの盛りでしょうか。
1か月ほど前に既に咲き終わりましたが、カマツカの花も、雨が似合う花です。秋には赤い実をつけてくれます。
6月11日(土)は顎咬合学会参加のため、臨時休診させていただきます。
11日(土)12日(日)の2日間、目いっぱい勉強してまいります。
ページトップへ
2011.06.09 近未来インプラント学会東北支部会開催
さる5月28〜29日に近未来インプラント学会東北支部会が開催されました。学術発表のほかに、阿部田暁子先生によるインプラント手術時の滅菌消毒に関する講演会が開催されました。
当院におきましては、以前から滅菌消毒に関しては十分の上にも十分に気をつけてまいりましたが、最新の知見に触れることのできた上質の講演会でした。
また、今では常識となった使い捨てエプロンや紙コップなどの使用、ゴム手袋の着用、バー類などの使用器具の一つ一つの滅菌なども、当院では、いち早くとりいれ、常に、安心安全な歯科診療を心がけております。
ページトップへ
2011.05.10 安心なインプラント治療と豊かな食生活
骨の造成の技術はここ数年、飛躍的に向上しています。以前ですと骨が少なくなって困難だった症例でも、今では安心してインプラント治療が可能になってきています。どうぞ、インプラントをご利用なさって、豊かな食生活をお楽しみください。
ページトップへ
2011.05.10 学会報告
昨年12月4〜5日に秋田市にて近未来インプラント学会が開催され、「インプラント埋入に伴う骨造成」について発表しましたので、ご報告申し上げます。
ページトップへ
2011.04.06 診療、再開いたしました
この度の地震では、皆様方、大変な被害にあわれたことと思います。心よりお見舞い申し上げます。社会全体の1日も早い復旧を願っております。当院も一時期、診療を中断しておりましたが、ライフラインも復活し、おかげ様で診療を再開することができました。震災の余波がまだまだ続いておりますが、どうぞお体ご自愛なさって、良い春を迎えられますことをご祈念申し上げます。
ページトップへ
2010.11.29 休診のお知らせ
12月4日(土)は近未来インプラント学会東北支部会のため、臨時休診させていただきます。お急ぎの場合は12月6日(月)にご来院ください。
ページトップへ
2010.11.29 桜田門
NHKの竜馬伝もとうとう最終回を迎えましたが、日比谷公園のすぐそばの桜田門も幕末の動乱の舞台でした。今はジョギングの名所になっています。
ページトップへ
2010.11.29 大銀杏
公園内の大銀杏の前で、私も、1枚、、、
ページトップへ
2010.11.29 日比谷公園
11月21日は、東京で講習会でした。朝、少し早起きして、日比谷公園と皇居のあたりを散歩してきました。路面を覆う枯れ葉をサクサクと踏みしめながら、秋の訪れを満喫してきました。
ページトップへ
2010.11.17 休診のお知らせ
11月22日(月)は都合により臨時休診させていただきます。お急ぎの場合は、24日(水)にご来院願います。
ページトップへ
2010.11.16 歯ぎしりの講習会
先日の日曜は、歯ぎしりの講習会で、東京に行ってきました。ちょうどAPECが横浜で開催されていて、東京の街も、いたるところにお巡りさんがいて、まさに厳戒態勢でした。歯周病や虫歯はいろいろなところで話題になっていますが、歯ぎしりはあまり馴染みがないのではないでしょうか。でも、お口の生理を考える時、とても大切な要素を含んでいると思っています。ほとんどの方が、寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをしているのですが、それを意識されている方は非常に少ないのでが現状です。数少ない歯ぎしりの講習会には特徴があります。初めは睡眠などに関する学術的にかっこいいような事を話すのですが、次第に尻切れトンボになり、最後は標題の歯ぎしりとは違った話題になって終了する、そんな進行になります。これは、ある意味当然で、歯ぎしりや食いしばり(まとめて、ブラキシズムと呼んでいます)で起きてしまう口腔内の変化(くさび状欠損、知覚過敏、歯のひび割れ、骨隆起、、、)はわかっているのですが、どうしてブラキシズムが起きるのかはよくわかっていないからなのです。当然のことながら、ブラキシズムを止める手立てもわかっていません。さかのぼって、ブラキシズムをとめたほうがいいのか、そのままにしてたほうがいいのかも、微妙な問題なのです。わからないことだらけなのですが、‘中の歯の接触する時間は17分くらい△覆里法⊃欧討い覺屬離屮薀シズムは多い方だと40分くらいもするそして、食事している時よりもずっと強い力で咬んでいる。ぅ好肇譽垢多いと、ブラキシズムは増えるが、そのブラキシズムによって、ストレスは発散される、、、ここら辺は間違いがないようです。
ページトップへ
2010.11.04 現在、工事中です
診療所のあるマンション(ライオンズマンション八木山)が、現在、工事中です。12月の中旬まで続きます。その間、皆様には大変ご迷惑をおかけしています。特に、通路などは歩きにくいところもあると思います。御足もとには十分にお気をつけいただきますよう、お願い申しあげます。また、マンションに付属している駐車場は、その間使用できません。替わりの駐車場を用意いたしましたので、どうぞご利用ください。ご不明の点などありましたら、受付までお問い合わせください。
ページトップへ
2010.10.31 歯根端手術ー5
術後のレントゲン写真です。病巣を除去したところには、新しい骨が次第にできてきます。
ページトップへ
2010.10.31 歯根端手術ー4
根の先端部分を封鎖したところです。この後、縫合して、手術は終了です。
ページトップへ
2010.10.31 歯根端手術ー3
病巣部分を取り除いたところです。
ページトップへ
2010.10.31 歯根端手術ー2
病巣のある部分の根の先端を切り取ったところです。
ページトップへ
2010.10.31 歯根端手術−1
歯根端(しこんたん)手術って、ご存知ですか?昔、歯の神経を取った根の先に病巣(骨が溶けた部分)ができて、それを外科的に除去する方法です。既にかぶせてある補綴物を壊さなくて済むのが良いところです。(基本的には根管治療という、根の消毒で直すのですが、それができない時などに行います。)右側の歯の根の先の黒い部分が病巣です。
ページトップへ
2010.10.31 アケビの実
もう11月ですね。急に気温が下がって身体のバランスが崩れることも多いと思います。この時期、歯肉が腫れて来院される方が多くなります。病巣があっても1年中痛い訳ではありません。痛くならないように、身体が頑張って押さえてくれているのです。でも、身体の免疫力が弱ると、あっという間に腫れてきます。普段から定期健診を受けて、あまり進まないうちに治しましょう。
庭のアケビが今年も実をつけてくれました。この青いアケビは大きくて、15cmくらいまで成長します。実は、自然の柔らかくて優しい甘さです。
ページトップへ
2010.10.14 保育所歯科検診
太白区若葉保育園で歯科検診が行われました。年2回の健診ですが、小さな子供さんがたと会えるのが楽しみです。お利口さんにできる子供さんも、怖がって泣いてしまう子供さんも、あと何年かすると、皆さん、立派な小学生です。すくすくと成長してくれることを願っています。ご父兄の方から、「歯ブラシがうまくできない」といったご質問を受けることが時々あります。そんな時は、あまり心配しすぎないようにと答えています。小さなお口に歯ブラシを入れられるのは、お子さんにとってどちらかといえば避けたい出来事です。きれいに磨くことよりも、まずは、歯ブラシに慣れることを第一に考えましょう。そのためには、お父さんやお母さんが、お子様と一緒に歯ブラシすることが一番です。虫歯予防としては〆重の入ったものは控えめにする△やつは決まった時間にとって、だらだら食いをしないスナック菓子のようなべたつくものは避けるたべたら、うがいや歯ブラシをするッ郢菌の感染を防ぐ意味で、食器などは共有しない(生後19か月〜31か月に感染すると、虫歯にかかりやすいと言われています)などを心がけたらいかがでしょう。
ページトップへ
2010.10.11 ツリバナ
マユミの仲間で、枝や実が風に揺れるのが風情を感じさせます。
ページトップへ
2010.10.11 鼻まで達する歯周病(4)
歯を抜いて見ますと、抜いた穴が鼻(上顎洞とか副鼻空とか言います)まで達していました。パノラマレントゲンで見ると、向かって右側の上顎洞が白く濁っています。歯周病が原因で起きた歯性上顎洞炎です。抜歯により、治癒します。歯は大切な財産です。できるだけ抜かなくて済むよう、精一杯お手伝いしたいと考えています。当院は、開業以来30年にわたり歯周外科手術に取組み、多くの成果を上げています。歯周病でお困りの方は、是非、ご相談下さい。
ページトップへ
2010.10.11 鼻まで達する歯周病(3)
抜いて見ますと、歯根の周りには歯石がたくさん着いていました。歯自身は虫歯もなく健康そのものなのですが、歯を支える組織(骨などの歯周組織)が弱ってしまったのです。
ページトップへ
2010.10.11 鼻まで達する歯周病(2)
細い棒が、歯肉の奥、5〜12ミリまで入ってるのが分かります。そこまで骨が溶けているのです。小臼歯は5〜7ミリの歯周ポケットなので歯周外科手術をすれば治ります。(ブラッシングとスケーリングだけでは治癒しません) しかし、大臼歯は根の先まで骨が溶けてしまい、抜歯せざるを得ませんでした。
ページトップへ
2010.10.11 鼻まで達する歯周病(1)
歯垢もまずまず取れていて、一見大丈夫そうですが、よく見ると、大臼歯の周りの歯肉が腫れています。歯肉の溝(歯周ポケット)に細い棒を入れてレントゲン写真を撮ってみると、、、
ページトップへ
2010.10.03 もみじ野
そのお蕎麦屋さんは、大崎市にある「もみじ野」というお店でした。雑木林に囲まれた静かなところです。あと1ヵ月もすると、紅葉が見事です。
ページトップへ
2010.10.03 蕎麦の花
田舎のとあるお蕎麦屋さんに行ってきました。そこのお庭には、蕎麦の花。蕎麦の花は白色だけと思いきや、赤い花もあるんですね。可憐な秋の花ですね。お蕎麦は、とっても美味しかったです。
ページトップへ
2010.09.16 臨時休診のお知らせ
9月18日(土)と11月22日(月)は臨時休診させていただきます。
ページトップへ
2010.09.12 葛の花
もう秋になりました。そろそろ暑い日から卒業できるといいですね。皆さんは、熱中症など、大丈夫でしたか?葛(クズ)は、秋の七草のひとつで、根から葛根(風邪の薬)や葛粉がとれます。秋の七草って全部言えますか?調べてみると、ハギ、ススキ、キキョウ、ナデシコ、クズ、フジバカマ、オミナエシの七つでした。ちなみに、春の七草は、セリ、ナズナ(ペンペン草)、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(コオニタビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(大根)の七つです。
ページトップへ
2010.09.12 縁下歯石
歯石は、歯垢が石灰化して石のように硬くなったものです。中身は細菌の塊です。歯石は初め歯の表面についていますが、次第に歯肉の中に侵入していきます。この時、歯槽骨を溶かします。海岸に行くと、岸壁に貝殻がびっしりとくっついていますが、歯石も歯根の表面にくっついて、毎日毎日、さらに奥のほうに侵入してきます。溶けた歯槽骨は、不良肉芽という悪い肉に変化して、膿などを出しますので、口臭の大きな原因にもなります。また、ここにいる細菌などは、血管から侵入して体中を汚染しています。歯周病菌は、心内膜炎や糖尿病、早産などいろいろな疾患の原因になることが最近の研究でわかってきました。みなさん!歯周病を直しましょう。
ページトップへ
2010.09.12 隠れた歯石(縁下歯石といいます)
歯肉もきちんとあるし、膿も腫れもないし、どうってことないように見えますが、歯肉に触ると出血してきます。実は、深いところまで骨(歯槽骨という歯を支える骨です)が溶けてなくなっています。重度の歯周病です。歯槽骨って(汚れが付いてると)20歳くらいから溶け始めて、大雑把に言うと、10年で1ミリくらい溶けていきます。だから、20歳の時に健康なポケット(歯肉の溝の深さ)は、50歳の時には3ミリ深くなって5ミリになってしまいます。こうなると、歯ブラシや歯石除去だけではなかなか治らず、歯周病の外科手術が必要になってしまいます。
ページトップへ
2010.08.04 ハスの花の群生
秋田市中心部のビルに囲まれて、たくさんのハスが群生しています。
ページトップへ
2010.08.04 満開のハスの花(秋田市)
インプラント学会が開催された会場のすぐ近くにハスの花が咲いていました。以前行った時にも咲いていましたので、きっと、秋田の皆さんは、毎年この時期、ハスの開花を楽しみにしてるのですね。
ページトップへ
2010.08.04 近未来インプラント学会東北支部会開催
近未来インプラント学会東北支部会に参加してきました。インプラント診療の研鑽に大変有益な学会で、年4回開催されています。今回は秋田市で開催されました。写真は講師の上川明久先生とのツーショットです。秋田市のお城のお堀にはハスの花が満開で、実に見事でした。
ページトップへ
2009.10.05 アケビの実
もう10月になりました。葡萄も梨も美味しい季節になりましたが、アケビも秋の味覚ですね。年々実付きが良くなってきましたが、今年もたくさんの実をつけてくれました。紫色が綺麗です。
ページトップへ
2009.09.22 マイヅルソウの紅葉
次第に秋も深まりつつあります。キノコや柿や栗などの秋の味覚も楽しみな季節になりました。春に可憐な白い花を咲かせたマイヅルソウも、赤い実をつけて紅葉のおめかしです。来春また会いましょう。
ページトップへ
2009.09.22 歯の破折
歯のヒビが次第に進むと、歯はバラバラに割れてしまいます。割れた周囲の歯槽骨は感染して、時々歯肉が腫れて膿が出たりしてきます。当院ではなるべく歯の神経を保存するように努めています。そうすることによって、歯を丈夫に保つことができるからです。割れた歯は、残念ながら抜歯せざるを得ません。抜歯した所は、ブリッジ、インプラント、取り外しの義歯などで修復治療を行い、噛み合わせを保全します。
ページトップへ
2009.09.22 歯の亀裂(ヒビ〉
歯は毎日使います。身体の中で最も酷使に耐えている働き者です。ですが、噛む力に負けて歯にヒビが入ることがあります。強く噛む時は、ご自身の体重くらいの力で噛んでいます。起きてる間に食事などで上下の歯が接触するのは1日約15分程度です。しかし、それ以外にも、就寝中に歯ぎしりや食いしばりで歯には強烈な負担がかかることがあります。写真の歯根の中央の縦の線がヒビです。
ページトップへ
2009.09.10 ツリバナ
もう9月になりました。秋と言えば、、、そう、紅葉です。ツリバナがもう紅葉をはじめました。風に揺れる細枝と割れた果実。秋の風情、たっぷりです。
ページトップへ
2009.09.10 不良肉芽ってご存知ですか?
歯周病などによって歯肉が腫れたりすることがありますが、その正体が不良肉芽です。感染で顎の骨が腐ってしまうと写真の右にあるようなぶよぶよした肉のような組織(不良肉芽)になってしまいます。ここから膿が発生します。膿の泉ですね。これを外科的に除去するには抜歯が一番簡単で確実な方法なんですが、でもそれだと歯が無くなって咬みにくくなってしまいます。そこで悪いところだけ除去して何とか歯を保存しようというのが歯周外科手術です。高度に進行した歯周病では、ブラッシングの励行と並んで必要な処置になります。
ページトップへ
2009.08.20 草原の野草
夏休みに雫石に行きましたら、芝生の中に白い小さな花が点在していました。調べてみますと「ゲンノショウコ」の白花とのことでした。下痢の時、よく効くのだそうです。
ページトップへ
2009.08.20 歯肉縁上の歯石
歯の表面についている歯石を「歯肉縁上歯石」といいます。歯垢(プラーク)はお口の中の細菌が互いに身を寄せ合ってできた集落で、歯ブラシなどで触れると簡単にはがれます。この歯垢に唾液の中のカルシウムなどが入って石灰化したものが歯石です。歯石は強固に付着していますから、歯科医院でスケーリングをしないと取ることができません。付き易い方は、2〜3か月毎にクリーニングを受けることをお勧めします。
ページトップへ
2009.08.16 歯肉縁下の歯石
歯周ポケットの中に隠れている歯石を「歯肉縁下歯石」と呼んでいます。表面からは見えないのですが、実際はこのように歯根表面にびっしりと付着しています。防波堤にくっついている貝殻のようですね。このようになってしまうと抜歯せざるを得ないのですが、もっと前の段階でしたら歯周病の治療によって歯を保存することができます。
ページトップへ
2009.06.22 アスチルベ
アジサイの咲く季節になりました。しっとりとした気候で植物も一息ついていると思います。外国生まれのアスチルベも日本の風土にうまく馴染んでくれてるようです。
ページトップへ
2009.05.24 ボタンの花が咲きました
純白のボタンです。美しいですね。
ページトップへ
2009.05.24 スプリント
ブラキシズム(歯ぎしりや食いしばり)が強い時は、就寝中にスプリントを装着します。マウスピースのようなものです。
ページトップへ
2009.05.24 下の前歯のすり減り方(歯ぎしり)
歯ぎしりが強いと、長い間にこんな風に前歯がすり減ってしまいます。ヒビも入っていますね。鏡でご自分の歯を見てみましょう。
ページトップへ
2009.05.24 骨隆起
歯の裏側の骨(歯槽骨と言います)がだいぶ盛り上がっています。これを骨隆起と呼んでいます。ブラキシズムで噛む力が強く歯槽骨に伝わった結果できたもので、病気ではありません。
ページトップへ
2009.05.24 楔状欠損が進むと・・・
楔状欠損が進むと、こんなに歯の表面が減ってしまいます。いかにも水やお湯にしみそうですね。次の写真で歯の裏側を見てみましょう。
ページトップへ
2009.05.20 臨時休診のお知らせ
5月23日(土)の午後は、臨時休診いたします。
ページトップへ
2009.05.20 サンザシの花
サンザシには、白い花のセイヨウサンザシと写真のような八重咲きの赤い花のものとがあります。直径1センチもないような小さな可愛らしい花です。花のあと、実も我々を楽しませてくれます。
ページトップへ
2009.05.20 楔状欠損の治療後の状態
楔状欠損にプラスチックを充填(詰めることです)した状態です。綺麗になりました。患者さまの歯の色に近いプラスチックを選んで充填します。最近のプラスチックは歯との接着力が強くなってきました。これだけで歯の持ちがずいぶんと違ってきます。
ページトップへ
2009.05.20 「楔(くさび)状欠損」ってご存知ですか?
歯肉がなくなって、歯のつけ根の部分が露出してることってありますか?明るいところで鏡をもって、ご自分のお口の中をご覧なってみてください。歯ブラシでこすったり、冷たいものを飲んだりした時に歯がヒュッっとしみたことはありませんか?これは楔状欠損といって、多くの患者さまに見られるものです。歯ぎしりや食いしばり(まとめて、ブラキシズムと呼んでいます)が原因でなることが多く、むし歯ではないのですが、放っておくとむし歯になってしまうことも少なくありません。治療としては、プラスチックを詰めることが一般的です。保険診療で簡単にできます。費用は、3割負担の方で1,000円くらいです。治療後の写真も掲載しておきますのでどうぞご覧ください。
ページトップへ
2009.03.24 ゲンカイツツジ
ツツジの中で、真っ先に咲く花です。透き通るような気品ある花弁が素敵です。
ページトップへ
2009.03.24 春の花
「暑さ寒さも…」のお彼岸になりました。庭には、ジンチョウゲ、クリスマスローズ、ゲンカイツツジなどが咲いています。ジンチョウゲの芳香で玄関先が華やいでいます。杏の蕾もほころんできました。この後、桜、桃と続きます。いよいよ春ですねぇ。
ページトップへ
2009.01.21 訪問診療のご案内
お口の中には、多くの細菌が住んでいます。寝たきりやそれに近い状態の方の場合は、お口の中の汚れが進み、虫歯や歯周病ばかりでなく、誤嚥性肺炎の原因にもなっています。毎日のブラッシングのほかに、月に1〜2回、専門家によるお口のクリーニングを受けることにより、高い清掃効果が得られます。一般的なケースの場合、診療時間が10分程度、介護保険500円、健康保険1000円程度(1割負担の場合)となっています。ご希望の場合は、電話かメールでお問い合わせください。
ページトップへ
2009.01.17 休診のお知らせ
2月7日(土)の午後は、臨時休診させていただきます。当院は、月曜から土曜まで終日診療しております。又、急患の場合、夜間や休日でも診療しております。どうぞご利用ください。
ページトップへ
2008.12.25 ホームページを公開しました。
ホームページを公開しました。より良い歯科医院を目指して、職員一同、患者様のために日々努力いています。どうぞよろしくお願いいたします。
ページトップへ